江戸川区 瑞江 一之江 小児科 ぶんぶんこどもクリニック

ぶんぶんこどもクリニック

お問い合わせ・ご予約は 東京都江戸川区江戸川1-46-2

診療予約システムはこちら

診療メニュー

予防接種

診療受付 予約システムはこちら

初診の方へ 問診票を印刷・ご記入し持参して頂くとスムーズに受付ができます。 問診票ダウンロード

紹介先医療機関

facebook-ぶんぶんこどもクリニック

モバイルサイト-ぶんぶんこどもクリニック

患者の気持ち-ぶんぶんこどもクリニック

一般小児科

お子さまの健康をお守りします

ぶんぶんこどもクリニックでは、急な発熱・鼻水・咳・のどの痛みなどのかぜの症状や腹痛・下痢・便秘・嘔吐・発疹・湿疹など一般的にお子さまによく見られる症状について診療を行います。

お子さまの病気や健康に不安を感じたら、まずはお気軽に当院にご相談ください。
当院ではお話をゆっくりお聞きしてから、丁寧に分かりやすくご説明させて頂き、ご理解を戴いてから適切な治療や処置を行うことを心がけております。

また、栄養士と提携し、体重増加不良の相談や食物アレルギー児の栄養指導、栄養管理も行っています。希望される方は直接診察時にご相談ください。

なお、お子さまの症状に応じて必要な場合には、高度医療機関へのご紹介もいたします。

お子さまの症状に不安を感じたら

お子さまの容体や症状で、不安なときはひとまず当院までご連絡下さい。
また、保護者の方はあわてず、落ち着いて声をかけてあげたり、寄り添ってお子さまを安心させてあげてください。
そして、できる限り詳しく容体をチェックして、把握しておくことも大切です。

  • 「症状はいつ頃から?」「熱は何度くらい?」
  • 「せき、鼻水は?」「食欲はあるか?」

などメモしておくとよいでしょう。
お子さまを病気の苦痛からできるだけ早く解放してあげるため、保護者のご協力が重要です。

お子さまによくある症状について

症状をクリックすると、詳細が表示されます。

▼ 高熱が出た

発熱は病気を治そうとするからだの正常な反応ですので、急に熱が出たからと慌てる必要はありません。また、解熱剤で熱を下げたところで病気自体がなくなるわけではありません。

熱が高く苦しそうと、直ぐに解熱剤を使うのではなく、お子さまの全身状態を見て判断することが大切です。

例として、熱はあるものの、比較的機嫌も良く水分もとっているようなら、わきの下、足のつけねなどの局所冷却をして、しばらくそのまま様子を見てみましょう。

▼ 呼吸が苦しそう

息苦しいと、お子さまが呼吸困難を訴える際は、ぜん息時などに多いようです。
その場合、程度に応じて、吸入・点滴療法といった処置が必要となります。
ただ、ぜん息の傾向や既往がないのに、突然呼吸困難を生じた場合は、気管内への異物誤嚥(飲み込んでしまった)の可能性があります。この場合、救急処置が必要ですのでお早めに当院までご相談下さい。

▼ 発疹が出た

皮膚の症状は実際に目で見ないと診断が付けにくいので、できるだけ受診するようにして下さい。
発疹によっては人にうつしてしまうこともあるので、できれば受診前にお電話頂くか、受付で発疹がある旨をお伝え下さい。
お風呂に関しては浴槽につからなければ入っても構いません。


▼ お腹が痛い

お子さまが訴える痛みで一番多いのが腹痛です。
但し、「お腹が痛い」と訴えていても、実のところ腹痛とは限らない場合も多く、発熱や他の症状を併発していないかといった点を観察することが大切です。
腹痛の原因はかぜ、感染性胃腸炎、便秘などが多いですが、消化器以外にも肺炎などの呼吸器疾患、腎尿路の疾患、食物アレルギーなどさまざまな原因で腹痛を訴えることがあります。
腹痛が起こる病気の中には緊急を要するものもありますから、原因の分からない腹痛は早めに当院を受診してください。

▼ 元気がない、食欲がない

食欲、哺乳量は日によって変わることがありますので、すぐに心配することはありません。
機嫌や行動などがいつもと変わらないようであれば、そのまま様子を見てもよいでしょう。
但し、顔色や表情などがいつもと違ってぐったりしているようなら、当院までご相談下さい。


▼ 吐く(おう吐)

小さなお子さまは、ちょっとした刺激でよく吐くことがあります。
吐いた後にいつもと変わらずけろっとしているようなら様子を見てもよいでしょう。
但し、何度も吐いたり、吐いた後もぐったりしているときは、胃腸や神経の病気の場合があるので、早めに当院までご相談下さい。

▼ 下 痢

乳児はお腹の状態が安定しないので下痢をすることがよくあります。
いつもと変わらずにミルクを飲み、機嫌が良いならすぐに心配なことはありません。
但し、下痢が続き、ぐったりとして元気が無いような場合は脱水症が疑われます。
その場合、少しづつ水分補給をしてあげて下さい。それでも改善しない場合には点滴による水分補給の必要もありますので、なるべくお早めに当院までご相談下さい。

▼ かぜ症状

かぜ(感冒)は鼻からのどまでの上気道に感染がおこり炎症するもので、子どもの病気の中でも一番多く、くしゃみ、咳、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱、痰がからむなどの症状があり、原因のほとんどが鼻やのどの粘膜からウイルスが侵入して起こります。
ほとんどの場合、1週間ほどで症状は軽くなり、本人の免疫力で自然に治癒していきます。
家庭では安静にし、発熱があったら水分補給をこまめにしてあげてください。
なお、かぜと診断されていても、その後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが重要です。